自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
体を伸ばすにはある筋肉を縮めよう!

 

前回のブログで『姿勢を良くして縮んだ身長を伸ばそう』というお話をしました。

 

硬く縮んでしまった筋肉を、緩めて伸びるようにすることで、体をまっすぐに伸ばせるようになります。

 

しかし、体を緩めるだけ緩めても、スッと立てない方もいます。

 

なぜでしょう?

 

それはある2つの筋肉が、緩みきっちゃっているからです。

 

 

⚫骨盤底筋と内転筋

 

骨盤底筋

 

 

内転筋

 

 

この2つの筋肉がうまく使えなくて、体の軸がしっかりしないので、重心が横に広がってしまって、つぶれたような姿勢になってしまいます。

 

 

上の図でなんとなくイメージが沸くでしょうか?

 

外側の筋肉だけで立って内側が使えないと、体が左右に広がってしまってO脚ような姿勢になります。

 

反対に、内側の筋肉を使えると、重心が真ん中にきて、体をスッと伸ばすことができるようになります。

 

 

テントもバランス良く紐を張ることが大事ですよね?

同じように人間も前後左右の筋肉が、緩みすぎず、締まりすぎずバランスが保たれていると、楽に立つことができます。

 

歩くときも、外側しか使えない方は左右に揺れるように歩きます。

 

逆に、内側を使えると重心が安定するので、頭が動かずまっすぐに歩けるようになります。

 

 

⚫重心が真ん中にくると歩き方も変わる

 

腰痛改善のトレーニングの中でも、段階ごとに歩き方をチェックするのですが、初めは股関節が硬く、内側の筋肉を意識することもできない方がほとんどです。

 

しかし、お腹や骨盤底筋、内転筋の使い方がわかると、

 

「すごく気持ちがいい!」

 

「楽だしどこも痛くない!」

 

「ずっと歩けそう!」

 

と、皆さんビックリするほど歩き方が変わります。

 

なかなか、歩き方を習うことなんてないですもんね。

 

 

⚫おうちで簡単エクササイズ

 

では、内側の筋肉を使えるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずはこれをやってみましょう!

 

 

手を組んで上に真っ直ぐ伸ばします。

そのままももの内側をくっつけるように内ももを締めましょう。

さらに、トイレを我慢するように骨盤底筋も締めます。

肛門を締めるイメージでもOKです。

できればさらに、体を細く長く伸ばします。

そのまま15秒キープしましょう!

 

歩く前にこのエクササイズをするだけでも、内側の筋肉が活性化されて、使いやすくなります。

是非、お試しください!

 

 

骨盤底筋についてさらに詳しくは

こちら↓↓↓

体幹インナーマッスルトレーニング

 

 

よかったらFacebookページにいいね!お願いします

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所

 

 

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.