自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
意外と知らない事実!筋肉は縮むだけで伸びない!

 

さて、問題です。

 

あなたはどうやって肘を曲げたり伸ばしたりしているのでしょう?

 

 

肘を曲げるのは、力こぶの筋肉上腕二頭筋を収縮させます。

 

これはなんとなくイメージできますよね?

 

では、肘を伸ばすときはどうしますか?

 

「上腕二頭筋を伸ばす?!」

 

残念!不正解です。

 

正解は、「反対側にある上腕三頭筋収縮する」です。

 

 

左図の赤い部分が上腕二頭筋

右図の赤い部分が上腕三頭筋

 

肘を曲げる 二頭筋→屈曲 三頭筋→弛緩

 

肘を伸ばす 二頭筋→弛緩 三頭筋→屈曲

 

図のように、肘を曲げようとすると、上腕二頭筋が収縮して、反対に伸ばすときは、振り袖の部分にある、上腕三頭筋を収縮させるんです。

 

というのも、意外と知らない事実、

 

『筋肉は自分では縮むことしかできない』

 

から!

 

上腕二頭筋上腕三頭筋のように、反対の動きをする筋肉を拮抗筋といいます。

 

肘の曲げ伸ばしなど関節運動は、拮抗筋同士が互いに収縮、弛緩し合うことでおこなわれます。 

 

そう、筋肉は縮むかリラックスするかしかできないんです。

 

ここに、私がいつもストレッチを薦める理由があります。

 

筋肉は伸ばしてあげないと自分では伸びれない!

 

だから、運動したあとや、長い時間同じ姿勢でいたあとなどは、縮んだままになってしまいます。

 

 

おじいちゃん、おばあちゃんで、立ち上がっても座ってるときの延長のように縮こまっている人いますよね。

 

知らぬ間にだんだん背が縮んで行く…

 

 

さあ、縮んでしまった筋肉を元の長さに戻してあげましょう!

 

自宅でできるストレッチ動画は

こちら↓↓↓

自宅でできるストレッチ

 

ストレッチは力を抜いて、リラックスして行いましょう!

 

忘れないで!

 

筋肉は頑張ると縮んでしまいます。

 

伸ばしたいときはリラックス!!

 

 

よかったらFacebookページにいいね!お願いします

↓↓↓

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.