自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ウォーキングで腰痛が治る人、治らない人の違いは?大腰筋の使い方?!

 

腰痛を治すために歩いているのに

 

ぜんぜん治らない!

 

それどころか歩いていると余計に痛くなる...

 

そんなあなた

 

『颯爽と気持ちよく歩きたい!』

 

そう思いませんか?

 

 

『できれば歩きたくないなあ…』

 

という方。

 

歩きたくない理由はすぐに疲れてしまうからですか?

 

すでに腰痛の方は歩くと腰や脚が痛くなってしまうという方もいますね。

 

なぜ、気持ちよく歩けないのでしょう?

 

なぜ、みんなにスタスタ追い抜かれてしまうんでしょう?

 

人間の体には約600個の筋肉があります。

 

一歩足を踏み出すために、この中から何百の筋肉が働いているわけです。

 

しかし、みんなが同じ筋肉を同じように使って歩いているわけではありません。

 

 

街の中で観察してみると、実にいろいろな歩き方をしている人がいます。

 

同じ歩くという行為も人によって全然違う体の使い方をしているんです。

 

歩いても腰痛が治らない原因は歩き方にあるんです。

 

 

ここからが本題!

 

では、どの筋肉を使えば颯爽と歩けるのでしょうか?

 

ポイントはできるだけ大きな体の中心にある筋肉を使うこと。

 

今日、注目していただきたいのは、

 

腸腰筋

 

 

 

大腰筋、腸骨筋を合わせて腸腰筋といいます。

 

大腰筋は、背骨の前から脚の付け根につながっっています。

 

脚を前に振りだす時に使われる筋肉ですが、多くの日本人はこの筋肉をうまく使えていません。

 

ボルトのような短距離選手はかなりこの大腰筋が発達しているそうです。

 

それであんなに大股で走れるんですね。

 

 

 

 

 

大股で颯爽と歩くにはこの筋肉を使えるようにしましょう!

 

大腰筋はお腹のなかにあり、なかなか意識しづらい筋肉ですが、ちょっとしたコツで使えるようになります。

 

やり方は簡単!

 

 

みぞおちを指差して、そこからながーい脚がはえているとイメージして歩いてみましょう。

 

 

ながーい脚がみぞおちから

 

ブラブラとぶら下がっているようなイメージで脚を振りだしましょう!

 

このイメージで今までとはまったく違う歩き方になります。

 

桜の季節、きれいな景色をながら、みぞおちウォークしてみましょう!

 

『歩くって気持ちいい!』

 

と思えてきますよ!

 

 

腰痛トレーニング研究所では

実際に腸腰筋に触れて意識を高めてトレーニングすることができます。

詳しくはこちら↓

腰痛、坐骨神経痛のインナーマッスルトレーニング

 

 

 

次回も歩くときに重要な筋肉をご紹介します。

 

ブログは定期的にFacebookにアップしています。

よかったらFacebookページにいいね!お願いします。

↓↓↓

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所Facebookページ

腰痛トレーニング研究所

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.