自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
爽快ウォーキングのために必要なこと 開脚できないと大股で歩けない?                  

 

みぞおちウォークお試しいただけましたか?

 

前回のブログで、大腰筋を使って颯爽と歩く方法をご紹介しました。

 

みぞおちからながーい脚がはえていると思って気持ちよく歩けたでしょうか?

 

 

今回は、みぞおちウォークしてみたけれど、

 

なぜか脚がギクシャクして気持ちよく歩けない

 

という方のための改善方法をご紹介します。

 

今日注目していただきたいのは

 

 

内転筋群

 

 

背骨から脚の大腿骨に繋がっているのが大腰筋

 

恥骨から大腿骨の下の方に繋がっているのが内転筋群です。

 

股関節の内側の筋肉で、見落とされがちですが、実は歩くときにはとても大切な筋肉です。

 

歩くときには、前回の腸腰筋と、この内転筋からなる、体の内側の筋肉ラインを使えると颯爽と歩けます。

 

しかし、ここが硬くなっていたり、弱くなっていたりすると、内側をうまく使えずに、外側の筋肉にばかり頼ることになります。

 

小股でペタペタ左右に揺れるような歩き方です。

 

 

 

腰痛になる方のほとんどがこの歩き方で、脚の外側はカチコチ、内側は弾力がなくスジのようになっています。

 

このままではどんなに歩いても内側は使われず、外側の筋肉ばかり疲れて、お尻やもも、ふくらはぎが痛くなってしまいます。

 

病院で『歩きなさい』と言われたから歩いているのに、腰痛が悪化してしまった。

 

という方は、歩くための筋肉の準備ができていなかったのです。

 

 

歩く前にまずは内転筋を刺激して目覚めさせてあげましょう!

 

 

内転筋は誰もが知っている体操で簡単に使うことができます。

 

 

伸脚です!

 

 

小学生の体操ではよくやりましたよね?

 

最初は浅い伸脚からでOKです。

 

ポイントは曲げている方の脚をしっかり外に開いてあげること!

 

慣れてきたら深く左右交互に体を動かしてみましょう!

 

 

普段使われていない内転筋が目覚めて、そのあとのみぞおちウォークは爽快になるはずです。

 

 

内転筋がとても硬い方は

こちらもチェック↓

開脚で肩や腰が痛くなってしまう方

 

 

ブログは定期的にFacebookにアップしています。

よかったらFacebookページにいいね!お願いします。

↓↓↓

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所

 

腰痛トレーニング研究所

 

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.