自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
朝顔を洗うのに腰が痛い!前屈みがキツい!その理由と対処法は?

 

こんにちは!

 

前回のブログで、日常生活で腰痛になった人は日常生活のフォーム修正が必要!

 

というお話をしました。

 

今日はそのつづきです。

 

 

朝起きて、さて、顔を洗おう!と洗面台の前で前屈みになりますよね?

 

このときに腰が痛くて、ツラい!

 

と訴える方が多くいます。

 

そんな皆さんに、どんな格好で顔を洗っているのか聞いてみると、ほとんどの方が、下のように膝をピンと伸ばして前にかがんでいます。

 

 

なぜ、こうやってかがむのでしょう?

 

脚の関節を曲げない方が、脚の筋肉を使わなくていいので楽なんですね。

 

腰に違和感がないときは、これが楽で、無意識に膝を伸ばしたままの方が多いようです。

 

しかし、この体勢では、背骨だけでかがんでいるので、腰にばかり引っ張られる力が加わります。

 

腰の筋肉が柔軟な時は問題なくても、腰回りが硬くなっている人は、特に朝はカチコチに固まっているので、その部分だけでかがもうとしても、腰が伸びず、かがむことができないんです。

 

では、どうするか?

 

 

脚の関節を曲げましょう!

 

股関節、膝関節、足関節

 

3つの関節を使って体を曲げます。

 

そして、足の指に力が入るくらい重心は前に持ってきます。

 

こうすると、自然にお腹に力が入って、今まで背中だけで支えていた体を、前側のお腹でも支えられるようになります。

 

 

もしも、お腹に力なんか入らない!

 

というかたは、足を前後にしてみましょう。

 

 

それでもダメなら、片足を踏み台の上に乗せると少し楽になるはずです。

 

 

しかし、いつでも踏み台があるわけではないので、できればお腹に力が入るように練習してみましょう!

 

 

 

お腹に力と言っても、起き上がる腹筋ではダメですよ。

 

 

上のようなトレーニングは、逆に腰痛が悪化する恐れがあります!

 

腰痛になってしまったら、まずは、下の動画のようなインナーマッスルトレーニングが必要です!

 

 

 

 

朝の洗顔でこのような体の使い方をしている人は、普段から前にかがむときはいつも、同じように体を使っていると思われます。

 

いつも、脚の関節やお腹を使わずに、腰にばかり負担をかけた結果、今の体ができています。

 

普段から体の使い方を気をつけながら、お腹や脚の関節をうまく使えるようにしていきましょう!

 

痛くない体の使い方を覚えるだけで、生活がとても楽になりますよ!

 

詳しいやり方はこちら↓

 

腰痛改善のための体幹インナーマッスルトレーニング

 

 

 

ブログは定期的にFacebookにアップしています。

よかったらFacebookページにいいね!お願いします!

↓↓↓

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所Facebookページ

 

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.