自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
簡単筋膜セラピー 筋膜を動かして腰の突っ張りを自分で軽くする方法!

 

こんにちは! 

 

前回のブログでは腰の筋膜をつまんで緩める方法をご紹介しました。

 

とても効果的な方法なんですが、癒着が強いと、痛かったり、うまくつまめなかったりするので、今日はもうひとつのずらし法をご紹介します。

 

ずらし法のやり方の前に、筋膜のイメージを持ってもらうことが大事なので、簡単に筋膜について説明します。

 

筋膜というのは、頭のてっぺんから足のつま先まで、皮膚の下で全身を覆っている膜組織のことです。

 

図のように1枚ではなく、何枚も重なりあっています。

 


英語の”Fascia”を日本語では筋膜と訳しているため誤解されがちですが、筋肉だけを包む膜ではありません。

 

筋膜は骨、内臓器官、血管、神経など身体のあらゆる組織や器官を包み込み、それぞれの場所に適正に位置するよう支えています。

 

そのような役割から【第二の骨格】とも呼ばれます。

 

 

なかなかイメージが難しいと思いますが、鶏肉を思い出してください。

 

 

鶏肉のまわりにうすーい膜がありますよね?

 

あれが筋膜です。

 

この場合の筋膜は筋肉を包みこみ、筋肉の繊維の束がバラバラにならないようにしています。

そして、この膜がそれぞれの筋肉を隔てているおかげで、体をスムーズに動かすことができるわけです。

 

逆に、この膜がうまくすべって動いてくれないと、体は動きづらくなってしまいます。

 

 

服の1ヶ所を引っ張ると全体にひっぱられますよね?

 

同じように筋膜は全身に繋がっているので、1ヶ所の癒着が全身に影響します。

 

腰の筋膜が癒着して硬くなると、そこから首の方にもお尻の方にも硬さが広がり、ぴたーっとくっついて背中が曲がらなくなります。

 

前屈みになると腰が痛くなる原因の多くは、腰の筋膜の癒着なんです。

 

では、その腰の筋膜を緩める、ずらし法をやってみましょう!

 

やり方は簡単!

 

腰の筋膜をキュッと押さえて上下にずらします。

 

 

ポイントは擦るのではなく、ずらすということ。

 

皮膚の上で指が動いていると、擦っている感じになります。

 

そうではなく、皮膚を上から押さえて、中の筋膜をずらすように動かします。

 

左右は動きやすくても上下が動きづらい方が多いと思います。

 

わかりづらい方は手の甲で試してみましょう。

 

手の甲辺りは動きやすいので中が動く感じがわかると思います。

 

上下左右1cmづつは動くようにしましょう。

 

座っている時間の長い人はお尻の方も固まっているので、仙骨の回りもよく動かしましょう!

 

仙骨とは▽のあたりです。

 

 

 

全体に動かしているとだんだん動きがよくなるので、腰を丸めたり、伸ばしたり自分も動きながらやってみると更に効果的です。

 

ずらし法をやったあとにつまんでみると、始めつまめなかった方もつまめるようになっているので、つまみ法もやってみてください。

 

普段ストレッチをされている方は、ストレッチする部分に筋膜セラピーをしてから、ストレッチしてみると、いつもより気持ちよく伸ばせるはずです。

 

是非、お試しください!!

 

 

筋膜について更に詳しくは

こちら↓

筋膜リリース

 

 

ブログは定期的にFacebookにアップしています。

よかったらFacebookページにいいね!お願いします!

↓↓↓

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所Facebookページ

 

 

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.