自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
側弯症で腰が曲がり、両手に杖がないと歩けなかったKさんの体験談

 

こんにちは!

 

今日は側弯症で両手に杖がないと歩くことも大変だったKさんのお話です。

 

 埼玉県在住 Kさん(79)

 

「シビレも激減し、しっかり背中を伸ばして立てるようになりました!」

 

 

 

⚫長年の介護生活後の腰痛に悩まされ来院

 

Kさんは、ご主人を22年間自宅で介護されたあと、腰の痛みや足のシビレが悪化。

 

整形外科でリハビリ訓練もしましたが、あまり効果を感じられず、こちらに来院されました。

 

始めて来たときは、四谷三丁目から5分歩くのも辛く、途中で休みながらなんとか到着。

 

側弯もありましたが、それ以上にかなりの前傾姿勢で体をまっすぐに伸ばすことが困難でした。

 

 

全身を触診しながら痛みやシビレの原因を調べたところ、足のシビレは前脛骨筋、腓骨筋などのトリガーポイント

 

腰の痛みは前傾姿勢による、腰や殿部の筋疲労が原因と思われ、8回プログラムをスタートしてもらいました。

 

 

まず、最初にKさんに取り組んでいただいたのが、コアヌードルを使ったトレーニング。

 

 

 コアヌードル

 

Kさんはコアヌードルに寝たときの気持ちよさがとてもお気に入りで、一日に何度も使っていたそうです。

 

 

⚫大の字ストレッチ

 

 

コアヌードルの上に大の字に寝てゆっくりリラックスして腹式呼吸。

 

Kさんのように前屈みの姿勢にからだが固まってしまっているかたは、この大の字ストレッチがとても効果的です。

 

全身の力を抜いて深呼吸することで、縮こまっていた筋肉が緩んで体を伸ばせるようになってきます。

 

 

⚫骨盤ゆらし

 

 

大の字のままお腹を左右に揺らすように動かします。

 

これも力まず、動いているか動いていないかわからないくらいの力で。

 

お腹を使って軽く骨盤をゆらゆらしましょう!

 

ポイントは気持ちよく!痛くなるほど動かさないことです。

 

 

kさんは、この二つのトレーニングで丸まっていた背中が伸ばせるようになり、かなり姿勢が改善しました。

 

 

⚫足指マッサージとトレーニング

 

もうひとつ、kさんに毎日取り組んでもらったのが、足指のトレーニング。

 

kさんの足を見せていただいたところ、血色が悪く、爪がほとんどなくなっていました。

 

これは足の指を普段使っていない証拠です。

 

そこで、まずはご自身で指をよくマッサージして、そのあとにグーパー動かす練習をしてもらいました。

 

 

すると2週間でかなりの効果を感じたようで、

 

「足指を動かすようにしたら、足の冷えが改善してシビレが減ってきた!」

 

と、とても嬉しそうに報告していただきました。

 

 

⚫背中を伸ばすために足りないもの

 

トレーニングを始めてひと月が経ち、Kさんの痛みやシビレは少しずつ改善してきました。

 

しかし、トレーニングを終えて帰るときは背中もまっすぐに伸びるものの、また次に来る頃には、丸まった背中に戻ってしまうという状況が続いていたので、これを改善するために新しいトレーニングを始めました。

 

背中のトレーニングです。

 

次回はKさんも取り組んだ背中のトレーニングについてご紹介します。

 

 

 

ブログは定期的にFacebookにアップしています。

よかったらFacebookページにいいね!お願いします。

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所Facebookページ

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.