自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
寝返りも起き上がりも、まえかがみも痛かったYさんのお話

 

こんにちは!

 

今日はすべり症診断から、スポーツクラブに復帰したYさんの体験談です。

 

 

⚫Yさん 60代女性 千葉県在住

 

 

 

Yさんは健康のために週に3回スポーツクラブに通い、アクアビクスやトレーニングに励んでいました。

 

ところが3ヶ月前から腰からお尻に痛みを感じるようになり、接骨院でけん引や電気治療など受けましたが、だんだん痛みが増してきてしまいます。

 

寝返りや起き上がり、立ち上がる時に痛みが出て、靴下を履くのも大変になってきたので、整形外科を受診したところ、すべり症と診断されました。

 

 

「すべり症ってなんですか?」

 

「腰の骨が前にすべっています。ひどくなったら手術もできますが、とりあえず様子をみましょう。」

 

と、整形外科で説明を受けました。

 

しかし、3ヶ月経ってもまったく痛みは消えず、なんとかしなくては!

 

とインターネットで見つけた腰痛トレーニング研究所に行くことを決意したそうです。

 

 

●Yさんの反り腰と前肩

 

 

 

Yさんの姿勢を見せていただくと、典型的な反り腰でした。

 

お腹が緩んで腰がとても緊張してる状態です。

 

それでも本人は、自分は猫背だと思い姿勢を良くしなければと思っていたそうです。

 

Yさんが自分は猫背と思い込んでいた理由は、肩と頭が前に出ていたから。

 

これは中高年の女性に多い姿勢で、頭と肩は前に出て、その分を腰を反らせてバランスをとろうとします。

 

それで腰が反りすぎてしまうんです。

 

 

●痛みの原因は腰の筋肉のこわばり

 

 

 

Yさんの腰の緊張はかなり強く、寝ている状態でも、背中から腰がカチコチでした。

 

背中の緊張は強く、一度目の施術ではあまり緩みませんでした。

 

寝返りの動作をしてもらうと、痛みが走ります。

 

そこで、基本のお腹のインナーマッスルトレーニングを練習したあと、

 

「試しに息を吐いてお腹を凹ませるように力を入れたまま、寝返りしてみましょう。」

 

ともう一度寝返り動作をしてもらいました。

 

「あれ?痛くないです!なんで?!」

 

「最初からできないかたもいますが、Yさんはお腹に力を入れることができたので、これができると背中の緊張が抜けます。その状態で動ければ痛みはでないんですよ。」

 

ほんと、痛くないです!うそみたい!!」

 

「お腹の力をうまく使ってほかの動作もできるようになれば痛みは治ってきますから、順番にトレーニングしていきましょう!」

 

 

寝返りの仕方について詳しくはこちら

↓↓↓

腰痛で寝返りができない

 

 

⚫お腹の使い方を覚えれば痛みなく動ける

 

Yさんのように、動作をしたときに痛みが出る場合、痛みのでない動きかたを習得することで楽に動けるようになります。

 

お腹の力が抜けて、腰やお尻、脚などに力を入れすぎて痛みが出ているので、お腹に力をいれて、ほかの部分をリラックスすることができれば痛みはでなくなるのです。

 

Yさんは、すべり症と診断がでても、諦めずトレーニングすることで痛みなく動けるようになりました。

 

今ではスポーツクラブも再開して水泳の練習に励んでいます。

 

 

あなたも諦めず、トレーニングしてみませんか?

 

また好きなことを楽しむために...

 

詳しくはこちら↓

手術をしないすべり症の治し方

 

 

 

 

ブログは定期的にFacebookにアップしています

よかったらFacebookページにいいね!お願いします

↓↓↓

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所Facebookページ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.