自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
お腹の力が入っているかセルフチェックしてみよう!

 

こんにちは!

 

前回のブログでは、お腹の力を入れてるつもりでは入っていないかも?!

 

というお話をしました。

 

お腹の力が使えないと、

 

⚫反り腰になり腰が痛くなる

 

⚫肩や手足に必要以上に力が入ってしまう

 

⚫おなかぽっこり太って見える

 

といいことなしです。

 

 

でもお腹に力が入っているかわからない、という方のために今日はチェック方法をご紹介します。

 

 

お腹を凹ませて骨盤を安定させる筋肉は腹横筋といいます。

 

腹横筋

 

 

 

お腹の回りをコルセットのように覆って支える役割があります。

 

 

この筋肉にしっかり力が入るかチェックしてみましょう!

 

 

 

仰向けに寝て膝を立てます。

 

この状態で骨盤の骨の内側を押してみましょう。

 

 

 

 

柔らかく押せますよね?

 

そのまま息をふーっと吐いていきます。

 

最後まで吐ききろうとすると、押している部分がぐぐっとかたくなってきましたか?

 

なった人は腹横筋が働いた証拠です。

 

ふにゃっと柔らかいままの人は普段からあまり腹横筋を使えていない可能性が高いです。

 

 

この腹横筋には、背骨の回りにある多裂筋という筋肉と協力して背骨と骨盤を支える役割があります。

 

 

多裂筋

 

 

 

多裂筋は意識して使うことが難しい筋肉ですが、腹横筋を使うことによって共同で働くので、同時に鍛えることができます。

 

 

さきほどのチェックで息を吐いても、あまりお腹が固くならなかった方は、まずは腹式呼吸でお腹を凹ませながら息を吐く練習をして、腹横筋を目覚めさせましょう!

 

 

 

腰痛改善に必要なトレーニングについて

詳しくはこちらの動画↓

体幹インナーマッスルトレーニング

 

 

ブログは定期的にFacebookにアップしています

よかったらFacebookページにいいね!お願いします!

↓↓↓

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所Facebookページ

 

腰痛トレーニング研究所

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.