自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
立ち上がると痛くて腰が伸びない!原因はお腹の中にあるかも?!

 

こんにちは!

 

しばらく座ったあと、立ち上がると腰が痛っ。

 

まっすぐになるのが大変。

 

接骨院に行っても全然よくならない。

 

マッサージしてもらっても、気持ちいいのはその時だけ。

 

そんなあなた、お腹を触ってもらったことがありますか?

 

腰痛トレーニング研究所では、立ち上がると痛みがあるかたはお腹の状態を必ずチェックします。

 

 

⚫お腹の中に何があるのか

 

実は、体が伸びなくなってしまう原因はお腹の中にあるんです!

 

お腹のなか?内臓?

 

いえいえ、お腹の中にとても重要な筋肉があるんです!

 

 

腸腰筋

 

 

もう、ご存じの方もいると思いますが、立ち上がるときに腰を引っ張っている犯人は、この腸腰筋であることがとても多いんです!

 

この筋肉はお腹の中、内臓の下にあります。

 

背骨から、脚の骨の内側に繋がっているので、この筋肉が硬く縮んでしまうと体をまっすぐに伸ばしづらくなってしまうんです。

 

座っているときは、ずっと股関節が曲がっているので、腸腰筋は短くなっている状態です。

 

 

そこから、立ち上がったときに、うまくこの腸腰筋を伸ばせずに、腰が痛くなってしまうんですね。

 

では、どうしたらいいんでしょう?

 

腸腰筋の筋膜セラピーが直接的な解決法ですが、腸腰筋はお腹の中にあるため、セルフリリースが難しい筋肉です。

 

筋膜セラピーを受けてみたいかたはこちら

筋膜リリース

 

 

自分でストレッチする方法は以前にご紹介したので、こちらをご覧ください。

腸腰筋のストレッチ

 

 

それにしても、なぜ腸腰筋は伸びなくなってしまうのか?

 

立ち上がったときにみんなが腰が伸びないわけではないですよね?

 

 

●拮抗筋を使え!

 

拮抗筋、これはあまり聞きなれない言葉かもしれません。

 

筋肉には反対の作用をする拮抗筋が存在します。

 

例えば、腸腰筋は股関節を前に曲げる筋肉なので、反対に後ろに伸ばす筋肉、大殿筋やハムストリングスが拮抗筋になります。

 

 

大殿筋とハムストリングス

 

 

 

最近お尻がたるんできたなぁ…

 

と感じていませんか?

 

本来、拮抗筋である、大殿筋やハムストリングスを使うと腸腰筋は伸びやすくなるのですが、この拮抗筋が弱って力が出なくなると、腸腰筋を、伸ばせなくなってしまうんです。

 

これが腸腰筋が伸びてくれない原因です!

 

つまり、弱った大殿筋やハムストリングスを使えるようにすること!

 

これが解決策なんです。

 

大殿筋、ハムストリングスの簡単トレーニングは次回につづきます…

 

 

 

ブログは定期的にFacebookにアップしています。

よかったらFacebookページにいいね!お願いします!!

↓↓↓

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所Facebookページ

 

 

 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.