自宅で出来る!腰痛トレーニングブログ

腰痛トレーニング研究所公式ブログ
腰痛・坐骨神経痛を自分で改善!自宅でできる腰痛トレーニングを中心に、腰痛を自分で改善するための最新情報を発信
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
横向きで寝るとお尻が痛い!脚が痺れてしまう!これって坐骨神経痛?!

 

以前のブログで『仰向けに寝ると腰が痛い』場合の改善方法をご紹介しましたが、今回は、

 

横向きに寝るとお尻が痛い!脚が痺れる

 

という方の対処法をご紹介します。

 

 

⚫応急措置は抱き枕

 

まず対処法は簡単です。

 

抱き枕を用意しましょう!

 

 

脚の間に枕をいれる、または、上の脚を枕に乗せることで、かなり楽になるはずです。

 

これはなぜでしょう?

 

そこに、寝ているときの腰痛、坐骨神経痛の原因が隠されています。

 

 

⚫原因はお尻の奥の梨状筋

 

 

お尻には何層も筋肉があり、股関節の複雑な動きを担っています。

しかし、この筋肉が硬く縮んでしまうと、股関節をスムーズに動かすことができなくなってしまいます。

 

特に奥の方にある、梨状筋は股関節を外に開く筋肉なので、横向きに寝て脚が閉じると、ギューッと伸ばされます。

 

この筋肉が硬く、周りの筋肉や血管、神経などにも癒着していると、横向きなると圧迫されたりひっぱられてりして、痛みや痺れがでるのです。

 

 

⚫痛みの根本をなくすには?

 

横向き寝がつらいほどお尻が硬くなっている方は、梨状筋だけでなく、お尻のほとんどの筋肉が硬く癒着してしまっていて、股関節がスムーズに動かなくなっています。

 

この場合、ストレッチしても筋肉を気持ちよく伸ばすことができません。

 

筋肉だけでなく、筋膜リリースをして筋肉や他の組織との滑走をスムーズにしてあげる必要があります。

 

まずはテニスボールを使ってリリースしていきましょう!

 

 

トリガーポイントリリース

 

詳しいやり方はこちら

↓↓↓

お尻のリリース&ストレッチ

 

 

痛くて自分では無理っという方はこちら

↓↓↓

手術をしない坐骨神経痛の治し方

 

 

よかったらFacebookページにいいね!

お願いします↓↓↓

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所Facebook

 

 

 

 

 

 

 

 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.